2010年04月27日

新規作用機序の関節リウマチ治療薬の承認を了承(医療介護CBニュース)

 厚生労働省の薬事・食品衛生審議会(薬食審)医薬品第一部会は4月23日、新しい作用機序を持つブリストル・マイヤーズの関節リウマチ(RA)治療薬オレンシア点滴静注用(成分名アバタセプト)の製造販売承認の可否など6品目について審議し、承認することを了承した。

 オレンシアは、RAを適応症として海外50か国で、若年性特発性関節炎を適応症として20か国で承認されている生物学的製剤。田辺三菱製薬のレミケード、武田薬品工業のエンブレル、アボット/エーザイのヒュミラ、中外製薬のアクテムラといった既存の生物学的製剤とは異なり、T細胞の働きを抑制する新しい作用機序を持つ。承認条件として、▽全症例に対する使用成績調査▽長期投与時の安全性、感染症などの発現率の調査▽適切な対照群での二重盲検比較試験の実施―を求める。

 また、日本イーライリリーのフォルテオ皮下注(テリパラチド)は、▽低骨密度▽既存骨折▽加齢▽大腿骨頚部骨折の家族歴がある―など、骨折の危険性の高い骨粗鬆症を効能・効果として製造販売承認を了承。ビスフォスフォネート系の既存薬が骨吸収を抑制して骨密度の減少を抑えるのに対し、フォルテオは、前駆細胞から骨芽細胞への分化促進と骨芽細胞のアポトーシス抑制により、骨の形成を促す。

 オレンシアとフォルテオは、新作用機序のため、6月の薬食審薬事分科会でも再度審議される。

 このほか、▽武田薬品工業の消化性潰瘍薬タケプロン(ランプラゾール)の「低用量アスピリン投与時における胃潰瘍または十二指腸潰瘍の再発抑制」の効能・効果の追加▽アンジオテンシン2受容体拮抗薬(ARB)とカルシウム(Ca)拮抗薬の配合剤として国内4つ目となる日本ベーリンガーインゲルハイムの高血圧症治療薬ミカムロ配合錠(ミカルディス/アムロジピン)の製造販売▽既に注射剤があるが、カプセル剤として経口投与を可能にした日本新薬のがん性疼痛治療薬トラマールカプセル(トラマドール)の製造販売▽ジェンザイム・ジャパンの変形性膝関節症患者の疼痛緩和薬サイビスクディスポ関節注(ヒアルロン酸ナトリウム架橋処理ポリマーおよび同ビニルスルホン架橋体)の製造販売―の承認を了承した。


【関連記事】
米国でRA治療薬アクテムラの承認取得―中外製薬
地道な活動が医療を変える―進化する患者会(下)
月1回投与の骨粗鬆症治療剤のフェーズ3試験を開始
骨密度増加作用が向上した骨粗鬆症治療薬を承認申請
米FDA、バイオ骨粗鬆症治療薬の承認見送り

父殺害後?長男が衝突死 大阪・枚方、バス乗客ら5人けが(産経新聞)
仙谷氏の同日選発言「タブーだ」「選挙知らぬ」 閣僚反発(産経新聞)
<気仙沼市長選>菅原氏が初当選 宮城(毎日新聞)
不起訴不当で起訴、被告に無罪=バイク衝突死亡事故−熊本地裁(時事通信)
<GW>国内航空各社の予約状況 ほとんどの社が前年上回る(毎日新聞)
posted by ソエジマ マサヒロ at 03:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月21日

ゴルフ場スイング火災、砂地にダフり火花?(読売新聞)

 宮城県のゴルフ場でアマチュアゴルファーがボールを打ったら火が出て、芝生が焼けた。マンガのような珍事はなぜ起きたのか?

 奥羽山脈のすそ野に広がる大和町の「ミヤヒル36ゴルフクラブ」。10日は絶好のゴルフ日和だった。17番ロングホールの2打目。同県の50歳代の男性会社役員が、フェアウエーを外れてラフに入ったボールをステンレス製の5番アイアンで打つと、火花が散った。芝に燃え移った火は約900平方メートルを焼き、約25分後、消防隊に消し止められた。

 刈り込まれていないラフの芝は高さ数センチで、下は砂地。芝の上のボールを打った男性は、県警大和署の事情聴取に「クラブはボールにきれいに当たった」と話した。実際に、グリーン方向のフェアウエーに飛ぶ“ナイスショット”だった。しかし、同署の現場検証では、ボールに焦げたような跡はなかった。

 何が起きたのか。金属加工に詳しい早稲田大の不破章雄教授は「砂を巻き込んだり、芝に浮いた砂と接触するだけでは、こうした現象は起きにくい。本人が気付かないうちにクラブが地面をこすったのでは」と指摘する。男性が「ダフった」結果、金属ヘッドと砂地がこすれ合って摩擦熱を生じ、粉になった金属が火花となって散ったと推測。「火打ち石やライターと同じ」と説明する。

 アマチュアゴルファーの平均的ヘッドスピードは秒速40メートル前後。ゴルフ用品メーカーは「スイングを繰り返す製品テストでも、火花が散ることは時々ある」と言う。石川遼選手で秒速52メートルというプロの世界。さぞ火花が散っているかと思いきや、日本プロゴルフ協会は「プロの大会では見たことがない」ときっぱり。ボールをしっかりミートすれば、火花が出る危険はない。

 それにしても、「スイングの火花による火災は聞いたことがない」(アマチュア団体の日本ゴルフ協会)と関係者は驚く。宮城県内では5日連続で乾燥注意報の発令中だった。さらに芝が生え替わる時期で、多くは枯れ草。こうした条件が重なって起きたらしい。

 同様の火災は米国でもあった。米国ゴルフコース管理者協会によると、2007年6月にネバダ州のゴルフ場でラフからボールを打ったところ、芝に火がつき、約8万1000平方メートルを焼いた。このゴルフ場でも芝は乾いていたという。

 スイング火災はともかく、ゴルフ場では野焼きの延焼などで芝が燃えることがたまにある。今回の火事では、男性らが芝に帽子をかぶせ、靴で踏んで消そうとした。しかし、これは煙に巻かれる危険がある。総務省消防庁は「素早く119番やクラブハウスに連絡を。自ら消そうとせず、従業員の指示に従って避難して」と呼びかけている。(東北総局 中根圭一)

<築地>中卸団体が特定調停を申請 東京地裁に(毎日新聞)
<幸田町議汚職>贈賄側の売却益7億円 愛知県警(毎日新聞)
重文 新たに8件 京町家「杉本家住宅」など(産経新聞)
“緑藻”からバイオ燃料 筑波大大学院教授・渡邉信さん(産経新聞)
市長不信任案を否決=阿久根市議会−鹿児島(時事通信)
posted by ソエジマ マサヒロ at 12:20| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。