2010年05月24日

小沢氏元秘書、大久保被告を午後聴取へ(産経新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体「陸山会」をめぐる政治資金規正法違反事件で、東京地検特捜部が18日午後、元会計責任者で元公設第1秘書、大久保隆規被告(48)=同法違反罪で起訴=を任意で事情聴取することが関係者の話で分かった。

 検察審査会が小沢氏を「起訴相当」と議決したことを受けた再捜査の一環で、15日の小沢氏、17日の元会計事務担当で衆院議員、石川知裕被告(36)に続く聴取。特捜部は大久保被告に対し政治資金収支報告書をめぐる小沢氏とのやりとりを中心に聴き、聴取結果を踏まえ、早期に小沢氏の刑事処分を決めるとみられる。

 検審は4月27日の議決で「収支報告書を提出する前に小沢氏に報告し、了承を得た」などとする石川被告と元会計事務担当で元私設秘書、池田光智被告(32)の供述を「直接証拠」と評価し、小沢氏と元秘書3人の共謀が成立すると認定した。

 これに対し、小沢氏は今月15日に行われた3回目の聴取で虚偽記載への関与を全面否定。石川被告も17日の再聴取で小沢氏との共謀関係を否定したとみられる。

【関連記事】
小沢一郎 “政治屋”体現に期待します
小沢、石川再聴取でも動かぬ?動けぬ?民主党
小沢氏、政倫審公開「どっちでもいい」 証人喚問は拒否 
「事実を正確に説明」聴取終えた石川議員がコメント
国会終盤戦 小沢問題で紛糾 会期延長現実味

石川議員を東京地検が聴取、「事実を正確に説明」(読売新聞)
<転落>ホテルの見晴らし台崩れ7人重軽傷 山梨・富士吉田(毎日新聞)
<訃報>作詞家の吉岡治さん 「天城越え」などヒット多数(毎日新聞)
レクサス・ハンドル設定変更、ズレ90度近くに(読売新聞)
5歳女児に虐待容疑=母親と祖父母逮捕―千葉県警(時事通信)
posted by ソエジマ マサヒロ at 22:41| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月20日

一度建てれば30年間縛られる−特養・個室ユニットの行方(2)(医療介護CBニュース)

 自治体が多床室を併設する流れに対抗して、個室ユニットを推進してきたNPO法人地域ケア政策ネットワーク(代表=大森彌・東大名誉教授)は、今年3月14日にシンポジウム「生活の場へのチャレンジ―高齢者は本当に多床室を望んでいるのか」を開催した。

 元厚生労働省老健局総務課長の山崎史郎・内閣府政策統括官(経済財政運営担当)が、「『個室・ユニット』制度化で目指したもの」と題して講演した。
 山崎氏は、特養の設計は病院を参考にしたほか、施設を個人の住まいとは別個のものとしてとらえた結果、4人部屋になったと説明。また、「施設は造ったら30年間は持つ。その30年間ずっと(多床室の形態に)縛られていく」と述べた。
 さらに、「この20年間、多床室はどうやって個人の尊厳を保つかという現場の闘いだった」と指摘。多床室では人間関係のトラブルなどがあり、「結局、4人全員がばらばらに寝ている状態」と述べた。
 山崎氏は、入所待機者の問題は解消しなければならないとした上で、「なるべくたくさんの人を入れるのが効率的という考えが一方であり得ると思うが、その人たちの議論には入所後のことがない」と指摘。また、特養について「そこでずっと暮らしていき、そこで終わっていく場」と述べ、患者の退院を想定する病院と同じような論議はできないとした。

■「茶の間」あっての個室ユニット

 「特養・老健・医療施設ユニットケア研究会」を運営するNPO法人全国コミュニティライフサポートセンターの池田昌弘理事長は、費用が賄えない人は多床室ということでいいのかと疑問を呈した。
 また、特養などの施設に、宅老所をモデルにして「茶の間」や「キッチン」などの暮らしの場を取り込んでみた試みが、ユニットケアだったと説明した。
 ユニットケアを導入し、それまでの特養で50人を十把一絡げ(じっぱひとからげ)に見ていたものが、小規模になることで、高齢者と職員のコミュニケーションがよくなり、「(高齢者は)職員の名前は覚えられなくても『あんたは分かる』となり、職員も利用者の気持ちが少しずつ見えてきた」という。
 池田理事長は、部屋の大きさは違っていても、個室を確保する必要があると言う。その前提として、何より昼間に安心して過ごせる「茶の間」のような場所があれば、特に認知症の人は夜に安心して自分の部屋に戻って行けるといい、「それは認知症の人だけでなく、誰でも同じ」と語る。
 また、個室でなくても、間仕切りをすることなどによって、プライバシーが守られたり、音が気にならなくなったりするなど、個室に近い安心感が得られるのではないかとし、工夫する余地はあるのではないかと語った。


【関連記事】
進む多床室併設、「国民年金では個室無理」の声−特養・個室ユニットの行方(1)
佐賀県の「一部ユニット型」特養、国と異なる解釈で報酬を算定
神奈川県が「一部ユニット型」の認可を検討、6月新設の特養に
特養整備、大都市中心に多床室に「舵切りつつある」―厚労省課長が認識
特養待機者の都道府県別人数を公表―厚労省

ニチイ学館、介護で初の売上高1千億円突破―今年3月期(医療介護CBニュース)
小沢氏と米大使、4月上旬に会談 「政治の話していない」(産経新聞)
男性の死亡認定取り消し=失跡後、北朝鮮でかつて生存−海保(時事通信)
<東北大>論文データ転用で助教の解雇は無効 仙台地裁(毎日新聞)
三セク元所長逮捕へ=回数券着服、被害2億円か−大阪府警(時事通信)
posted by ソエジマ マサヒロ at 04:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月12日

雑記帳 テン、富山の動物園へ トキ保護センターで捕獲(毎日新聞)

 新潟県の佐渡トキ保護センター野生復帰ステーションの順化ケージに侵入し、捕獲されたテンが月内にも、富山市の動物園「富山市ファミリーパーク」に移されることになった。

 全長60センチの雄。3月、トキがテンに襲われ9羽が死んだ事故を受け、4月中旬、ケージ内に設置されたわなにかかった。ただ“犯人”かは不明。環境省に「殺さないで」と求める声が多く寄せられていた。

 同パークでは現在、テン6匹を飼育しており、この雄を加えて繁殖を目指す。公開はしない方針というが、トキ襲撃で注目を集めたテンだけに、展(テン)示を求める声が上がりそう。【畠山哲郎】

【関連ニュース】
トキ:卵がまたカラスに奪われる 残りの卵がまだ存在か
放鳥トキ:巣にカラス侵入、卵捨てる ふ化厳しく
トキ:2世誕生に期待 9日以降ふ化も…新潟・佐渡
放鳥トキ:3個目も巣外へ 別のペア、卵ふ化の可能性
トキ襲撃死:電気柵などの設置を…検証委が報告書案

河村名古屋市長 「けんかばかり」批判も 就任1年シンポ(毎日新聞)
【あすの「新報道2001」】(産経新聞)
民主山岡氏が請求放棄=新潮社相手の名誉棄損訴訟−東京地裁(時事通信)
<JR岐阜駅>飛び込み寸前の男性 客3人が制止(毎日新聞)
<巻機山>男女5人を救助 新潟・群馬県境の遭難(毎日新聞)
posted by ソエジマ マサヒロ at 23:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。